こんにちは、水職人の平野です。

今回は、水絡みの工事ではなく

フェンスの新設工事を紹介したいと思います。

先ずは、ブロックを設置してブロックをセメントで固め

フェンスの支柱を取り付ける所は、ブロックの穴には

セメントを入れずにしておき

 

CA3I10990001

ブロックのセメントが固まってから

ブロックの穴に支柱を入れて水平器とレーザーで、

支柱が真っ直ぐに立っているか確認して

CA3I11000001

ブロックの穴と支柱の隙間にセメントを詰め込んで固めます。

すぐに、フェンスを取り付けるため

セメントがすぐに固まるように

急結剤をセメントに混ぜて固めて

 

CA3I11030001

支柱が固まり次第フェンスを取り付けます。

CA3I11010001

 

全フェンスを取り付けて

 

CA3I11020001

 

完了です。

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!
その他の記事