こんにちは、水職人の平野です。

今回は、ウォシュレットとタンクが一緒になっているタイプ

排水芯は、いつもと違い壁から12センチのカスカディーナ

 

CA3I11710001

 

CA3I11760001

タンクと便器の接続してある部分が便器の下なのに対して

カスカディーナはタンクの中に接続ボルトがあり

CA3I11730001

結構ほどきにくいんです。

 

CA3I11750001

タンクを外して、立ち上がっている排水管を

床ズラでカットをしていきます。

 

CA3I11770001

 

CA3I11780001

床をクッションフロアを貼ってもらい

CA3I11790001

接続部品を取り付けて便器を固定する部品の位置を出すため

便器に付いている型紙で位置を出して、部品を取り付けます。

 

CA3I11800001

便器を取り付けて、ウォシュレット一体式のタンクを接続をします。

 

CA3I11810001

そして、給水を接続をして

完了です。

今回は、手動式リフトアップ式です。

 

 

 

 

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!