こんにちは、水職人の平野です。

今回は、マンションの単品の流し台の取替

30年前の流し台で、排水口のトラップの封水カバーが

割れてしまって、流しの排水の匂いがするので

封水カバーを取り替えようとしたんですが

流し台が古すぎて部品が無いので

同じ寸法の流し台を取り替えになったんですが

流し台が新しくなっても、ガス台が古いので

違和感があるのでガス台も取り替えになったんです。

まずは、流し台とガス台を取り外します。

 

 

ガス台と流し台を設置して、流し台の排水ホースを

排水管に接続をして、ホースと排水管の隙間があれば

隙間から匂いが上がってくるので

隙間をなくしてpシールを埋めてテーピングをします。

流し台とガス台に連結ビス止めをして

流し台廻りを水が入らないように

防カビ剤入りのシリコンでコーキングをします。

水を流して、排水管と排水ホースに水漏れが無ければ

 

 

完了です。

 

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!