こんにちは、水職人の平野です。

今回は、この間の続きをしていきます。

LIXILのリノビオの1116タイプのユニットバスを施工

 

CA3I08200001

CA3I08270001

我が社は、壁のパネルの裏に後から手摺が何時でも

取付られるように、コンパネ下地を貼りるけます。

CA3I08220001

大体の手摺がつくであろうとの位置に貼りるけます。

なぜ、コンパネ下地を貼り付けるかというとパネルの裏は

不燃材のボードなので、ビスが効かないので後から手摺をつけるとなると

後づけようは穴が5センチ開くので、結構壁が揺れるので

ビスだったら、全然違っています。

壁を立てて、仕上がり

フロの入口枠と壁を仕上げていきます。

 

CA3I08290001

壁紙のクロスを貼って完了です。

 

CA3I08350001

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!