こんにちは、水職人の平野です。

今回は、室内に給湯器を取り付けるタイプです。

強制給排気形で字のごとく強制的に給気と排気をするんです。ca3i06280001

まずは、給湯器を取付て天井に配管が通る穴を開けて

排気と吸気が一緒になっている管で120ミリで穴を開けて

ca3i06300001

二重管を天井上に配管をして、天井上から外部に配管をして、支持バンド

固定をしていきます。

ca3i06340001

 

そして、外部には給排気トップ管を取付けるために

外部にも170ミリで穴を開けて、給排気トップを取付て

 

ca3i06360001

その廻りから雨水が入ってこない様に

周りをシリコン製のコーキングをうって完了です。

外部に取付ている給湯器より、大変です。

排気筒の配管をするのには、ガス消費機器設置工事監督の免許が要ります。

配管材料もSUS304という材料指定になっていて

腐食をしない材質です。

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!