こんにちは、水職人の平野です。

今回は、戸建ての浴室の風呂釜を撤去

 

CA3I12220001

釜が傷んで使用出来なくなり、釜を新しくしなくて

給湯器からの落とし込みで、お湯を溜めて温めるだけにするのに

先ずは、風呂釜を撤去

水を取り込み、温めたお湯を出す穴が2ヵ所有り

そのままだと、水が漏れて抜けるので

穴を塞ぐ、バスキャップを穴2ヵ所に取り付けます。

 

CA3I12970001

そして、水を塞いだ穴の上まで溜めて水漏れを確認して

 

CA3I12980001

漏れがなければ

ガス釜を取った穴を塞ぐ為

 

CA3I12990001

モルタル左官ではなく

ステンレス板を壁にコンクリート用のビスコンで止めて

 

 

CA3I13000001

完了です。

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!