こんにちは、水職人の平野です。

今回は、飲食店舗の油をよく使用する店に有る

油やヘドロを下水管に流れないようにするグリストラップを・・

1つ目は、店に商品を運んできたトラックが

グリストラップのフタを踏んでフタと枠を凹ましたパターンです。

 

CA3I09250001

先ずは、グリストラップ廻りが舗装なんですが、グリストラップの

廻りを掘って枠を取り外せるように寸法を測り線を引きます。

後は、コンクリートカッターで、カットをしていきます。

 

CA3I09260001

そして、グリストラップ廻りを掘削をして、曲がった枠を撤去処分を・

CA3I09270001

そして、新しく枠を水平器で水平を観て設置します。

 

CA3I09280001

後は、舗装ではなくモルタル左官工事で仕上げます。

 

CA3I09290001

 

もう一つは、グリストラップの廻りが陥没をしていたので

 

CA3I12040001

先ずは、細かい砕石をまきへこんでいる所を叩いて下まで入れていき

 

CA3I12050001

表面迄来たら、後は化粧ビリで全体を綺麗にして

 

CA3I12060001

 

完了です。

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!