こんにちは、水職人の平野です。

今回は、トイレのタンクの中の水が止まらない

考えられるのは、ボールタップが止まらないか

排水弁ゴムが摩耗して隙間ができて、水が抜けて

ボールタップから水が出た状態になっているかです。

今回は、ボールタップも古くて排水弁ゴムも劣化していたので

ボールタップと排水弁ゴムを取替えます。

今回のボールタップはタンクの横ではなく

タンクの下から取り付けている、下給水ボールタップ

 

どの下からタンクにも対応可能のボールタップ

万能ボールタップに取替えます。

先ずは、タンクのフタを外して

 

アングル止水栓で水を止めて

下給水ボールタップを取り外します。

 

その時一緒に古い排水弁ゴムも取り外して

 

新しい万能下給水ボールタップを取り付けて

 

新しい排水弁も取り付けます。

後は、水を出して

水漏れを確認をして

ボールタップが止まるのと

排水弁から水が抜けないのを

確認をして

 

完了です。

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!
その他の記事