こんにちは、水職人の平野です。

今回は、床下排水の便器の取替を・・

トイレの奥の壁から排水管のフランジの芯の寸法が

200ミリ~540ミリの間の寸法だったら取付可能な便器

先ずは、既存の便器とタンクを取り外して

CA3I14900001

奥の壁から排水管の寸法を測ります。

そして、新しく取り付ける便器に付いている

新しく取り付ける部材をカットする為の寸法付き型紙を

 

CA3I14910001

部材に当てて、排水寸法の位置に印をして切断をします。

既存のフランジに新しくフランジパッキンを取り付けて

レトイレ用部材を取付けてナットを専用道具で締め付けます。

 

CA3I14920001

そして、切断をした部材に接着材を塗って接続をします。

 

CA3I14930001

便器と床とを取り付ける位置を出すために

寸法を出す型紙を当てて位置を出して部材を取り付けます。

 

CA3I14960001

 

CA3I14980001

便器を設置します。

 

CA3I14990001

便器と床とを止めるためにナットを専用道具で締め付けます。

 

CA3I15010001

タンクを取り付ける前に、既存のアングル止水栓を取り外して

 

CA3I15020001

新しくアングル止水栓を取り付けます。

 

CA3I15030001

タンクを先に取り付けると、解きにくく締めにくいので

アングル止水栓を取り付けるとタンクを便器に取り付けます。

 

CA3I15040001

タンクと便器の接続しているところのナットを締め付けます。

 

CA3I15060001

ただ、陶器と陶器なので締め付ける力は加減をして下さい。

タンクのカバーを外して給水ホースを取り付けてアングル止水栓と接続を

 

CA3I15070001

 

CA3I15080001

 

CA3I15100001

 

 

CA3I15110001

 

 

CA3I15120001

今回は、便座は普通便座を取り付けました。

 

CA3I15130001

後は、水を出して排水を流して

給排水の水漏れを確認をして

水漏れが無ければ

完了です。

 

 

 

 

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!