こんにちは、水職人の平野です。

今回は、戸建ての壁が囲われていて勝手口ドアがあるパータン

の給湯器取付。

先ずは、勝手口ドアに空気口があってその空気口の

 

穴の大きさにより給湯器の種類が変わります。

空気口が無ければ、給排気式のFFタイプを設置になりますが

今回の現場は、勝手口ドアに空気口があるので

室内壁掛けタイプのFE式強制排気の給湯器が取付できます。

 

先ずは、空気口の断面積を計算をして出して

その数字より、排気の配管の大きさより大きかったら

室内に空気が入ってきているのでOKです。

今回取り付ける給湯器は、16号なので排気筒は60パイの

大きさなので空気口の断面積は160なので、問題なしです。

給湯器を取り付けて、排気筒の配管をして最後は

外に出す時は、壁厚に適した排気トップを取り付けます。

 

配管と壁の穴の間には、燃えないように不燃材料を巻きます。

 

後は、水とお湯とガスを接続をして試運転をして

給湯器が点火をして、排気漏れがないかを確認をして

完了です。

 

 

 

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!