こんにちは、水職人の平野です。

今回は、この間のビルの排水マスの取替工事をした後の仕上げ工事

前のタイルと大きさを変えて、10センチ角から30センチ角に

色もシックに黒のランダム調で

まずは、タイルを貼れる様に下地のパサを

 

CA3I08770001

パサとは、砂を多くセメントを少なくして水を少なくし練ります。

それを全面に高さを合わせていき

タイルを角度や幅の大きさ等によって、カットをしていきます。

CA3I08780001

そして、セメントを水でドロドロにしてパサとタイルの

接着剤代わりにして、タイルを貼り付けます。

後は、タイルとタイルの間に目地セメントを入れてます。

CA3I08810001

タイルが目地セメントで汚れた所を水拭きをしていきます。CA3I08820001

 

そして、完了です。

CA3I08840001

 

 

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!
その他の記事