こんにちは、水職人の平野です。

今回は、ユニットバスの2ハンドルシャワー水栓を

温度対応のサーモスタット付きシャワーに取替えをしました。

先ずは、既存の2ハンドルシャワー水栓を取り外すため

 

水道メーターの所にある止水バルブで水を止めます。

戸建の場合は、水道メーターボックスがあり

マンションの場合は、外の廊下にパイプスペースの扉があり

その中に水道メーターがあります。

止水バルブは、マンションによって違うので色々とあります。

時計回りに回して止めるバルブや

レバーハンドルで止めるバルブがあります。

水を止めて、水とお湯のハンドルを出る方に回して

水とお湯が止まっているかを確認をしてから

本体と壁から出ているクランクアームの接続ナットを解き

本体を取り外します。

 

それからクランクアームを水とお湯用を解きます。

 

 

新しく取付ける、サーモスタットシャワーのクランクアームに

水漏れしないようにシールテープを巻きます。

クランクアームを水とお湯に取り付けて本体の

 

サーモスタットシャワーを取り付けて水平器で本体の水平をみます。

 

 

 

後は、吐水口とシャワーホースとシャワーヘットを取りてけて

お湯のクランクアームには、触ったらやけど等しないように

保護カバーをと付けます。

商品によっては、入っていない物もあります。

 

止水バルブを開けて、水を出して

壁とクランクアームの接続部分と

クランクアームとサーモスタットシャワー本体のナットから

水漏れを確認をして

漏れがなければ

 

完了です。

 

 

>>現場ブログトップページに戻る

 

この文章を書いた人

平野 勝弘
平野 勝弘
細かい工事や簡単な作業、「こんな事どこに相談したらいいの?」とお悩みでしたら是非、当社にお声をかけて下さい。迅速・丁寧に動きお客様に満足してもらえる様社員全員その気持ちで動き、お客様と末永くお付合いをしていきたいと思っております。
僕の顔を見かけたら気軽に声を掛けて下さい。
これからもお客様の笑顔を見られる様に頑張っていきます!!